保育園での採用について

subpage1

保育園への転職や就職活動をしている人にとって、どんな人が採用されるのか、経験は有利になるのかなど気になるところです。


まず保育園が求めている人物像について考えていきます。
第一に、礼儀正しく清潔感があるかどうかです。



子どもたちと関わること、地域の子育てニーズを支える人として第一印象で「この人には任せられない」と思われてしまってはいくら猫の手を借りたいくらい人不足の園であったとしても受け入れることは難しいです。

エキサイトニュースのサイトが登場しました。

とはいっても、身だしなみ・言葉遣いなど一般的なマナーを身に着けていれば第一段階はクリアです。



笑顔で「おはようございます」と子どもたちを受け入れることから保育士の1日が始まります。

そんな自分をイメージできれば合格です。

第二に、コミュニケーションが円滑に取れるということです。


保護者の方と毎日お子さんの生活の様子を聞き取り、また園での様子を丁寧に伝えることも大事な業務となります。

それぞれの家庭によって「こういうふうに育って欲しい」「こんな願いがある」など、関係を築いていくうちに見えるようになってきます。


こうした思いを汲み取り、今のお子さんの姿や発達に合った支援の助言ができるようになれば一人前です。

採用時には、人事や園の責任者との面接になりますが緊張せず、固くならずに自然のまま会話をしていきましょう。

子どもたちへの思いを自分の言葉で伝えれば相手にもきっと届くはずです。
採用側も一緒に働きたいと思える人か、この人とならコミュニケーションが十分に取れそうだということを大切にしています。

保育園への転職を考えている人はぜひこれらの姿勢を意識していきましょう。